What's New


2012年の一覧

◆トピックス
國廣正弁護士が、委員を務める警察庁の「監察業務の高度化等に関する検討会」の第2回会合(2012年11月28日)の議事録が、2012年12月28日(金)、警察庁のホームページにアップされました。

◆トピックス
2012年12月25日発行のNBL(New Business Law)(商事法務)2013年新年号に、國廣正弁護士が加わった新春座談会「持続的成長を支える新しい市場規律とその担い手(上)」が掲載されました。

◆トピックス
2012年12月19日(水)の日本経済新聞(電子版)の「2012年企業が選ぶ弁護士ランキング」で、國廣正弁護士が「企業法務部門」の第7位にランクされました。

◆講演
國廣正弁護士が、2012年11月30日(金)、商事法務主催のビジネス・ロー・スクールで、「実践・コンプライアンス改革 ~これからの法務・コンプライアンス担当者の悩み解消へのヒン ト~」と題する講演を行いました。

◆論考・書籍
中村克己弁護士による著作(五三智仁弁護士、町田悠生子弁護士との共著)、「労働契約の終了をめぐる判例考察」が2012年11月30日(金)に三協法規出版株式会社より出版されました。

◆トピックス
國廣正弁護士が、委員を務める警察庁の「監察業務の高度化等に関する検討会」の第1回会合(2012年10月26日)の議事録が、2012年11月28日(水)、警察庁のホームページにアップされました。

◆講演
中村克己弁護士が、2012年11月22日(木)に、(株)金融財務研究会が開催するセミナーにおいて、「内部告発に走らせない内部通報制度の設計・運用と通報を端緒とした社内調査・危機管理対応」と題する講演を行いました。

◆講演
中村克己弁護士が、2012年11月19日(月)に物流事業会社(東証1部上場)において、「社内不正の未然防止・早期発見に向けた経営者の役割」と題する講演を行いました。

◆トピックス
2012年11月10日(土)発刊の「青山アカウンティング・レビュー」(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会)の特集「監査は不正を見抜けるか?」に、國廣正弁護士が参加したパネルディスカッション(企業不正を巡る諸課題-その防止と発見を目指して-)が掲載されました。

◆講演
國廣正弁護士が、2012年11月8日(木)、SMBC日興証券㈱主催のマネジメントセミナーで、上場企業役員を対象として、「新興国ビジネスに伴う新しい巨大リスクをどう考えるか~域外適用される米英の贈賄禁止法~」と題する講演を行いました。

◆講演
中村克己弁護士が、2012年10月24日(水)、金融機関の監査役を対象として、「不祥事に係る監査役の対応と会社法制見直しの動向」と題する講演を行いました。

◆トピックス
2012年10月1日(月)、國廣正弁護士が、国際人権NGOの「ヒューマンライツ・ナウ(Human Rights Now)」 の運営顧問に就任しました。

◆講演
中村克己弁護士が、2012年9月20日(木)、9月27日(木)、10月15日(月)、10月22日(月)、公益社団法人日本監査役協会主催の「リスクマネジメント講座『企業不祥事における事前・事後対策-監査役の留意点』」と題する講演を行いました。

◆トピックス
NHKの「NEWS WEB 24」のコメンテーターの木村俊介氏が、2012年9月10日に出版した「『調べる』論しつこさで壁を破った20人」(NHK出版新書)で、國廣正弁護士のインタビューが掲載されました。

◆トピックス
政府の原子力委員会の原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会の資料準備・作業連絡を目的に開催されたとされる「(秘密)勉強会」の問題性を検証する内閣府の「検証チーム」が設置され、國廣正弁護士がその顧問となっておりましたが、2012年8月6日、検証チームは「調査報告書」を、細野豪志原子力行政担当大臣に提出しました。

◆トピックス
警察庁では、長崎のストーカー殺人事件への対応不備などを受け、今年5月に、「”警察改革の精神”の徹底に向けた検討委員会」を設置し、國廣正弁護士は外部有識者として意見を述べておりましたが、2012年8月9日、「”警察改革の精神”の徹底のために実現すべき施策」を公表しまし た。

◆講演
五味祐子弁護士が、2012年8月8日(水)、医薬品業界の法務関係に関する研究団体において、「内部通報と社内調査の実務~コンプライアンス、危機管理機能強化のために」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年7月31日(火)、(財)産業経理協会主催のコーポレートガバナンス・セミナー(場所:経団連会館)で、國廣正弁護士五味祐子弁護士が、「第三者委員会を巡る最新の議論と社内調査(内部調査)の実務-コーポレート・ガバナンスの観点(監査役監査基準)も踏まえて-」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年7月25日(水)、一般社団法人全国銀行協会のコンプライアンス講演会において、國廣正弁護士が「銀行のコンプライアンス体制(内部管理体制)を実質的に機能させるために必要なこと-銀行不祥事防止のためのリスク管理の実務-」と題する講演を行いました。

◆トピックス
2012年7月21日(土)発行の「ビジネス法務」9月号(中央経済社)に、國廣正弁護士が参加した座談会「社外役員はどうすれば機能するか(下)」が掲載されました。

◆トピックス
2012年7月11日(水)、青山学院大学主催の「第10回 会計サミット」におけるパネルディスカッション「企業不正を巡る諸課題 ~ その防止と発見を目指して~」に、國廣正弁護士が、パネラーとして参加しました。

◆講演
2012年7月6日(金)、経済産業省の企業財務委員会において、國廣正弁護士が「組織的な会計不正に対するコーポレートガバナンスの実務- 危機管理という切り口から会計不正の防止、対処について考えてみる -」と題する講演を行いました。

◆講演
五味祐子弁護士が、2012年6月26日(火)、大手医薬品会社のコンプライアンス研修において、「職場におけるコンプライアンスとリスク管理~職場の自律的活動と会社の組織対応」と題する講演を行いました。

◆トピックス
國廣正弁護士が、2012年6月26日(火)、三菱商事株式会社の社外監査役に就任しました。

◆トピックス
2012年6月21日(木)発行の「ビジネス法務」8月号(中央経済社)に、國廣正弁護士が参加した座談会「社外役員はどうすれば機能するか(上)」が掲載されました。

◆講演
2012年6月21日(木)、警察庁で実施された幹部研修において、國廣正弁護士が「組織リスク管理の実務と警察改革- 企業コンプライアンス実務家の観点から -」と題する講演を行いました。

◆講演
中村克己弁護士が、2012年6月15日(金)に、(株)金融財務研究会が開催するセミナーにおいて、「従業員を内部告発に走らせない内部通報制度の設計・運用と通報対応の実務~リスク管理ツールとしての内部通報制度のあり方から通報を端緒とした社内調査・危機管理対応まで~」と題する講演を行いました。

◆トピックス
2012年6月4日(月)、AIMA JAPAN (Alternative Investment Management Association Japan) 主催の「ヘッジファンド・フォーラム2012」で、國廣正弁護士が、Gerald Paul McAlinn 教授(慶応大学)、Bruce Aronson 教授(Creighton大学)、名取勝也弁護士と共に、パネル・ディスカッション「日本のコーポレートガバナンス」に参加しました。

◆トピックス
2012年5月21日(月)発行のビジネスロー・ジャーナル7月号(レクシスネクシス・ジャパン株式会社)に、中村克己弁護士が執筆した管理職向け労務研修におけるポイント・留意点等に関する論考が掲載されました。

◆講演
2012年5月21日(月)、日本経済新聞社主催の日経ビジネススクールで、國廣正弁護士が、「危機管理(クライシス・マネジメント)とコーポレートガバナンス」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年5月18日(金)、商事法務主催のビジネス・ロー・スクールで、國廣正弁護士が、「実践・コンプライアンス改革 ~これからの法務・コンプライアンス担当者の悩み解消へのヒン ト~」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年3月23日(金)、弁護士会館講堂「クレオ」で行われた第一東京弁護士会全期会主催のシンポジウム「第三者委員会の現状と今後の展望」において、國廣正弁護士が「日弁連の第三者委員会ガイドラインについて」と題する講演とパネルディスカッションを行いました。

◆講演
五味祐子弁護士が、2012年3月15日(金)、栃木県主催の『食品表示信頼確保研修会』において、「食品事業者におけるリスク管理~食品表示偽装は、なぜなくならないのか~」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年3月2日(金)、金融庁において、國廣正弁護士が金融庁・証券取引等監視委員会・公認会計士監査審査会の所属弁護士、公認会計士を対象に実施された専門家向け勉強会で、「経営層による不正・組織的不正に対するコーポレートガバナンスの実務 -危機管理という切り口から弁護士、公認会計士の役割を検討し、金融行政の専門家に何ができるか考えてみる-」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年3月1日(木)、預金保険機構において、國廣正弁護士が「預保のコンプライアンスとは、どういうことだろうか -実務家の観点から-」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年2月28日(火)、國廣正弁護士が国民生活センター主催の「消費者問題:企業トップセミナー」で、「消費者の信頼を得る企業経営 -コンプライアンスの基本と企業の社会的責任-」 と題する基調講演を行いました。

◆トピックス
2012年2月27日(月)の日本経済新聞「リーガル3分間ゼミ」欄に、インターネット上の書き込みによる内定取消の可否等に関する中村克己弁護士のコメントが掲載されました。

◆講演
2012年2月20日(月)、日本経済新聞社主催の特別ビジネスセミナー「オリンパス問題から何を学ぶか ~企業のガバナンスと危機管理~」(場所:日経ビル・カンファレンスルーム)で、國廣正弁護士が、「いかにしてトップの暴走や組織的不正から会社を守るか ~不祥事危機管理、今、企業人にできること~」と題する講演を行いました。また、渋谷高弘編集委員の司会で、中村直人弁護士と共に、「ガバナンス改革、盛り上がる制度論について考える」と題する討論会を行いました。

◆講演
五味祐子弁護士が、2012年2月17日(金)、大分県消費生活・男女共同参画プラザ(アイネス)主催の『アイネス暮らしあんしん県民セミナーコンプライアンスと公益通報者保護』において、「コンプライアンスのための内部通報制度」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年2月10日(金)、(株)プロネッド(Promotion of Non Exective Director)主催のコーポレートガバナンス・セミナー(場所:東京国際フォーラム)で、國廣正弁護士が、「日本型不祥事の実態と実質的に機能する企業統治」と題する講演を行いました。

◆講演
中村克己弁護士が、2012年2月9日(木)に鉄道会社(東証1部上場)のテナント事業部門を対象として、「テナント倒産時の対応について」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年2月3日(金)、財)産業経理協会主催のコーポレートガバナンス・セミナー(場所:経団連会館)で、國廣正弁護士五味祐子弁護士が、「リスク管理・危機管理としてのコーポレートガバナンスの実務 ~経営層による不正に対する現行法で可能な実践的対応」と題する講演を行いました。

◆講演
2012年2月1日(水)、東洋大学法科大学院において、國廣正弁護士が「弁護士の仕事とは、どういうことだろうか~修羅場における人間の生き方と弁護士という仕事~」と題する講演を行いました。

◆トピックス
中村克己弁護士執筆した論考「経営トップの不祥事に法務部はどう対処すべきか」が2012年1月21日発売のビジネス法務3月号(株式会社中央経済社)に掲載されました。

◆トピックス
2012年1月12日(木)の朝日小学生新聞の特集「会社の現場で活躍する弁護士」に、企業における弁護士の役割についての國廣正弁護士のインタビューが掲載されました。

◆トピックス
NBL(商事法務)2012年新年号に、國廣正弁護士が加わった座談会「コンプライアンス改革の課題と処方箋」が掲載されました。

◆トピックス
2012年1月7日発行の「日経ウーマン」2月号(日経BP社)特別付録に、働く女性の賃金や労働時間等に関する中村克己弁護士のコメントが掲載されました。

◆トピックス
2012年1月1日、五味祐子弁護士中村克己弁護士が当事務所のパートナーに就任いたしました。